2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

カテゴリ:プロキシ の記事リスト(エントリー順)

TOP > CATEGORY - プロキシ

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロキシの活用~第5回~

kage

2015/10/22 (Thu)

シリーズの第5回は、各ブラウザごとにプロキシの具体的な設定方法をご紹介する第3弾「Opera編」です。拡張機能を使わない一番基本的な設定方法です。

バージョン15以降、レンダリングエンジンがWebKitになった現在のOperaは、Google Chromeと同じChromium派生ブラウザです。

そのため各種設定においてChromeとそっくりな点が多いOperaですが、プロキシに関しても基本的にほぼ同じ設定です。

すなわちデフォルトでは、システム側でプロキシを手動で設定してあげれば、IE、Chrome、Opera全てに対し、一度に串を刺せます

つまり、プロキシ関連の拡張機能を使用していないならば、前回の「IEとGoogle Chrome」編と、やり方は全く同じです。

今回も前回同様、事前に匿名串を一つ調べておいた、という前提にします。プロトコルはhttpで、IPアドレスは163.49.56.161、ポート番号は8080を使用します。今回の串は完璧に近いタイプです。

さて実際のところ、ChromeやOperaで串を刺す場合、拡張機能を利用するケースが大半ではないでしょうか。

ChromeでもOperaでも同じですが、既にプロキシ関連の拡張機能をインストールしている場合において、標準のプロキシ設定を使用するためには、一旦まずその拡張を無効化する必要があります

Operaの場合、その手順は

1.Operaを起動し、左上の「Opera ボタン」をクリック
OperaProxySettei1.jpg

2.コンテキストメニューから設定(S)をクリック
OperaProxySettei2.jpg

3.設定のうち、「ブラウザ」項目が開く
OperaProxySettei3.jpg

このうちネットワークの項目を見ると、私の場合プロキシ関連の拡張をインストール済みのため、「プロキシ設定を変更」ボタンがグレーアウト、つまり押せなくなっています。そのため、インストール済みのプロキシ関連の拡張を無効化します。

4.再び「Opera ボタン」をクリック→エクステンション(E)→拡張機能の管理(E)をクリック

5.該当する拡張機能(私の場合、「GeoProxy」という拡張機能です)の「無効にする」をクリック
OperaProxySettei5.jpg

6.無効化されたことを確認
OperaProxySettei6.jpg

7.再び、設定からネットワークの項目を見ると、「プロキシ設定を変更」ボタンのグレーアウトが外れて押せるようになりました。
OperaProxySettei7.jpg

クリックすればシステムのインターネットオプションが表れ、以下は前回と同じです。

8.診断くんにアクセスした結果です。無事匿名串を設定できたことが確認できます。
OperaProxySettei8.jpg

9.使用後は、7まで戻って設定を元に戻してください

次回からは、アドオンや拡張機能を使ったプロキシの設定方法です。
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!


カラーミーショップ


スポンサーサイト

プロキシの活用~第4回~

kage

2015/10/17 (Sat)

シリーズの第4回は、各ブラウザごとにプロキシの具体的な設定方法をご紹介する第2弾「IEとGoogle Chrome」編です。拡張機能を使わない一番基本的な設定方法です。

なおIEの場合、設定方法はOSとバージョンによって異なります。私のパソコン環境はWindows7で64bitです。その他のOSの方はご参考程度になさってください。

IEはバージョン11、Chromeはバージョン46の、共に執筆時点で最新版での説明です。最初に申し上げますと、Google Chromeはデフォルトでプロキシ設定がIEと共通です。つまりシステム側で設定すれば、Chromeに串が刺さった状態になります。

ちなみにChromeに独立したプロキシ環境を設定する方法はいくつか存在します。ご興味をお持ちの方は「chrome プロキシ 設定 独立」などで検索してみてください。

なお複数のデバイス間でIEやChromeの同期をされている方は、プロキシ設定をいじったことでネットにつながらなくなる、などのエラー報告が結構あるようです。

あまりこの辺の知識に自信がない方は、無理に設定変更しないほうがいいかもしれません。

今回はIEとChrome共通の、最も基本的なプロキシ設定の説明です。

前回同様、事前に匿名串を一つ調べておいた、という前提にします。プロトコルはhttpで、IPアドレスは61.227.99.125、ポート番号は8080を使用します。今回の串は漏れてはいないものの、完璧ではないタイプです。

IEとGoogle Chromeにおけるプロキシの具体的な設定方法
1.デスクトップのスタートボタンをクリック
IEChromeProxy1.jpg

2.コントロールパネルをクリック
IEChromeProxy2.jpg

3.インターネットオプションをクリック
IEChromeProxy3.jpg

4.インターネットのプロパティウィンドウが表れる
IEChromeProxy4.jpg

5.接続タブ、LANの設定(L)を続けてクリック
IEChromeProxy5.jpg

6.ローカルエリアネットワークのウィンドウが表れる。
IEChromeProxy6.jpg

この状態をスクリーンショットに撮ったり、メモするなどしておいてください。後でプロキシを解除する際、必要になります。正確に設定を戻さないと、インターネットにつながらなくなるなどの不具合が起きる可能性があるので、ここは慎重にお願いします。私の環境ではデフォルトでこうなっています。

7.「設定を自動的に検出する」のチェックを外し、「LANにプロキシサーバを使用する」にチェックを入れ、アドレス(E)に61.227.99.125、ポート(T)に8080と入れ、OKをクリックしウィンドウを閉じれば、設定完了です。
IEChromeProxy7.jpg

8.「診断くん」にアクセスした結果です。IEとChromeの順です。無事A-レベルの匿名串を設定できたことが確認できます。
IEChromeProxy8.jpg

IEChromeProxy9.jpg

9.プロキシの使用を終えたら、設定したときと同様に7まで戻って、最初の設定に必ず戻してください。戻さないとプロキシが解除されません。

特にChromeでは拡張機能を使うほうがずっと簡単ではありますが、まずは基本的な方法をおさえておきたいということで、ご紹介させていただきました。
[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


カラーミーショップ


プロキシの活用~第3回~

kage

2015/10/14 (Wed)

シリーズ3回目は匿名串を探せるサイト「XROXY.com(エクスロクシドットコム)」のご紹介です。

第1回の「Free Proxy Lists.net」同様、ここも現在最も匿名串を見つけやすいサイトの一つです。

この手のサイトでは、条件に合う串が1箇所ではなかなか見つからないことも多々ありますので、このようなプロキシリストサイトを複数ブックマークしておけば、大抵どこかでいい串を見つけられます。

利用方法
1.サイトにアクセス
XroxyCom1.jpg

2.上部の「Proxy List」タブをクリック
XroxyCom2.jpg

3.このページからプロキシを探します。以下選択項目の説明です。
XroxyCom3.jpg

Proxy port (プロキシのポート番号) 8080や80など定番の番号を選択できます。こだわりがなければ「Any port number」でも構いません。

Type of proxy (プロキシのタイプ) さまざまなタイプのプロキシを選べます。匿名串を探すなら「Anonymous」を選びます。

SSL support (SSLのサポート) 通信を暗号化できるプロキシを選択できます。プライバシー重視なら「With SSL support」を選んでください。匿名串という観点では、http、httpsのどちらでも構いません。

Country (国と地域) このサイトでは100以上の国と地域からプロキシサーバを選べます。

Latency (遅延時間) データの転送から結果の返送までにかかる時間です。数値が小さいほど使いやすいです。

Reliability (確実性) プロキシサーバの稼働率です。数値が高いほど信頼できます。

4.この6項目を選択し、プロキシを探します。今回は一例として、
・ポート番号 任意
・プロキシのタイプ アノニマス(=匿名タイプ)
・SSL SSLサポートタイプ
・国 日本
・遅延時間 5秒以内
・確実性 75%以上

に絞って匿名串を探します。
XroxyCom4.jpg

するとこのような結果になります。
XroxyCom5.jpg

結構厳しい条件でしたが、2件ヒットしました。さらに結果右側のDetailsをクリックすればプロキシサーバの状態をグラフで視覚化して確認できます。

いい串を見つけたら、その串のIPアドレスとポート番号を控えておいてください。
[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


カラーミーショップ


プロキシの活用~第2回~

kage

2015/10/03 (Sat)

シリーズの第2回は、各ブラウザごとにプロキシの具体的な設定方法をご紹介する第1弾・Firefox編です。アドオンを使わない一番基本的な設定方法です。

なお今回は、事前に匿名串を一つ調べておいた、という前提にします。プロトコルはhttpで、IPアドレスは133.130.99.45、ポート番号は3128を使用します。

Firefoxにおけるプロキシの具体的な設定方法
1.Firefoxを起動

2.右上のメニューボタンをクリック
Firefoxのプロキシ設定1

3.オプションをクリック
Firefoxのプロキシ設定2

4.詳細をクリック
Firefoxのプロキシ設定3

5.ネットワークをクリックし、さらに「接続」項目の接続設定(E)をクリック

Firefoxのプロキシ設定4

6.「インターネット接続」ウインドウが表れる。

「インターネット接続に使用するプロキシの設定」から「手動でプロキシを設定する」にチェックを入れる。そしてHTTPプロキシ(X)に133.130.99.45、ポート(P)に3128を入れ、OKをクリックで設定完了です。
Firefoxのプロキシ設定5

7.「診断くん」にアクセスした結果です。無事匿名串を設定できたことが確認できます。
Firefoxのプロキシ設定6

8.プロキシの使用を終えたら、設定したときと同様に6まで戻って、最初の設定(「プロキシを使用しない」か「システムのプロキシ設定を利用する」のどちらか)に必ず戻してください。戻さないとプロキシが解除されません。

ツールを使うほうが簡単ではありますが、まずは基本的な方法をおさえておきたいということで、使い方を覚えておくことをおすすめします。
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!


カラーミーショップ


プロキシの活用~第1回~

kage

2015/09/29 (Tue)

PLGを利用する際、使い方を知っておけば、時に役立つこともあるのが「プロキシ」です。今回から何回かに分けて「プロキシ」のシリーズを開始したいと思います。

「プロキシ」の説明
・ウィキペディアではこちら  
・e-Wordsではこちら 

日本においてプロキシは、隠語的に「」とも呼ばれます。また、プロキシを利用してインターネットに接続することを「串を刺す」と表現することもあります。

第1回は公開プロキシの中から、特に「匿名(とくめい)プロキシ」[=Anonymous proxy(アノニマス プロキシ)]を探せるサイトを一つご紹介します。

そのサイトは
Free Proxy Lists.net」 (フリー プロキシ リスツ ドットネット)
FreeProxyListsNet1.jpg
 
現在最も匿名串が探しやすいサイトです。国・匿名性でフィルターをかけて検索でき、さらに稼働率・応答速度・転送速度が一覧で見られるので、素早く目当ての串が探せて、とても便利です。

具体的な操作方法
ここでは、日本のプロキシで、なおかつ匿名タイプに絞って探すとします。

①トップページ左上の国一覧から、「日本」をクリック
FreeProxyListsNet2.jpg

②その3つ右側に匿名性、という部分があります。ここで「Anonymous」と「High Anonymous」だけにチェックが入っている状態にします
FreeProxyListsNet3.jpg

③国一覧の下「検索」ボタンをクリック
FreeProxyListsNet4.jpg

④このように結果が表示されます
FreeProxyListsNet5.jpg

なおAnonymousよりHigh Anonymousのほうが匿名性が高いです。この結果の中だと、私だったら下から二つ目のを選びます。匿名性・稼働率・応答速度・転送速度がすべていいですからね。

なお検索結果は、あくまで検索時点のものです。数分おいて検索しなおすと結果がまったく違うことはよくあります。

プロキシの中にはすぐ使えなくなるものもあるので、串を利用したい時は直前に探すのがおすすめの使用方法です。

いい串を見つけたら、その串のIPアドレスとポート番号を控えておいてください。
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!


カラーミーショップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。