2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10
TOP > ARCHIVE - 2015年09月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PLGにおけるこれまでのセキュリティ対策記事のまとめ

kage

2015/09/05 (Sat)

ユーザーがサイト内の広告を見ることと引き換えに、制限が少ない有料のVIP用リンク、すなわち「プレミアムリンク」を無料で生成し提供するのがPLGの基本的な仕組みです。

ここでこの広告がセキュリティ的に全く問題ないものであれば、多少時間をさく煩わしさだけで済みます。

しかし現実的には、操作の途中で不快なポップアップウィンドウがたくさん開いたり、「PCがウイルスに感染しています」といった、不安をあおるような内容の詐欺的なソフトの広告が表示されたり、不審なスクリプトを読み込ませセキュリティソフトが反応したり、何かを強制的にダウンロードさせようとしたり、と安心してサービスを利用できない側面があります。

もちろん悪質なのは一部のPLGや広告サービスであって大半は問題なく、中には良質なサービスを提供してくれるPLGもあるのですが、ユーザーとしては、自己責任で利用するサービスということもあり、自分でセキュリティを高められる部分に関しては、自衛のため可能な限りそうしておきたいところです。

そしてその基本的な三大対策が次の3つです。

1.セキュリティソフトを最新の状態にしておく
2.広告ブロック系ツールを使用する
3.広告スキップツールを使用する

広告ブロック系ツールに関しては現在さまざまなタイプのものが登場していますが、定番で最も使用ユーザーの割合が大きく、かつ防御力をカスタマイズしやすい「Adblockplus」と、広告を含めたユーザーの行動を追跡しようとするいわゆる「トラッカー」全般を遮断できる「Ghostery」と「Disconnect」の3つを全て導入しておくのを、個人的には推奨します。
「Adblock Plus」について
「Ghostery」について
「Disconnect」について

これらのツールは、機能として重なる部分はあっても競合を起こさず、お互い補完し合え、さらにはFirefox、Google Chrome、Opera及びこれらの派生ブラウザでも同じように使用可能なため、PLGのような危険の可能性を伴うサービスには打って付けです。

広告スキップツールに関しては、現在更新をしっかりと続けてくれている唯一のツールが、ユーザースクリプトの「AdsBypasser」です。
「AdsBypasser」について

AdsBypasserを使用することで、広告のスキップ操作を自動化でき、広告ごとにスキップボタンを押していく必要がなくなります。同時に、ボタンクリック時に読み込まれていたはずのポップアップウィンドウを遮断するなどブロック的な機能もあります。

AdsBypasserはouo.ioなどの認証型広告だけはスキップできませんが、PLGで使われる代表的な広告にはマイナーなものも含めてほぼ全てに効果があり、また対策されて一時的にスキップできなくなっても、しばらく待っていれば制作者さまのほうで再び対応してくれます。

そして広告ブロック系ツールと広告スキップツールは連携が可能です。この組み合わせによってPLG使用に伴うセキュリティ面のリスクを大幅に軽減できます。(今のところbc.vcではAdblockplusとAdsBypasserは相性が悪いので、この広告だけはAdblockplusの設定で無効化しておきましょう。他が補助するので問題は有りません)

ところでPLGの中には広告ブロックツールが有効なままアクセスすると、サービスを利用できないような仕掛けをサイトに施しているところが多くあります。

このようなPLGで役立つのがユーザースクリプトの「Anti-Adblock Killer | Reek」です。これをインストールしておけば、このような仕掛けを無効化できるため、広告ブロック系ツールが有効な状態のままサービスを利用できます。
「Anti-Adblock Killer | Reek」について

そして「Anti-Adblock Killer | Reek」の機能をさらに強化できるのが、Adblockplusなどのフィルターの一つである「AakList (Anti-Adblock Killer)」です。
「AakList (Anti-Adblock Killer)」について

まとめると
★Adblockplus
★Ghostery
★Disconnect
★AdsBypasser
★Anti-Adblock Killer | Reek
★AakList (Anti-Adblock Killer)

を全てブラウザに導入しておけば、かなり快適にサービスを利用できるようになります。

とここまでは、ユーザーのセキュリティにおける観点からのおすすめです。

一方で優良なPLGやサービス内容が貴重なPLG、広告表示だけでほとんどセキュリティ的な問題がないPLGにも同じようにセキュリティを固めてアクセスすると、広告収入の落ち込みにつながりサイトにダメージを与えることになってしまい、それがサイトを閉鎖に追い込む要因の一つになったり、サービスの質が低下する原因になりかねません。

個々のユーザーがそのあたりを考えながら、優良PLGや自分が好きなPLGに対しては広告を許可するなど、柔軟な形で利用していく必要があります。
以前の参考記事はこちら
カラーミーショップ


ロリポップ!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。