2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10
TOP > ARCHIVE - 2015年09月

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダウンローダーの活用~第8回~

kage

2015/09/24 (Thu)

シリーズの第8回は、ダウンローダーの「Free Download Manager」〔読み方:フリーダウンロードマネージャ(ー)、略称:FDM〕についてです。

おそらく最も有名なダウンローダーの一つであり定番ということで、今回3番目にあげてみました。

ダウンロードとインストール
ダウンロードはこちら公式サイトのダウンロードページからどうぞ。

DOWNLOADをクリック→インストーラーをダウンロード→ダブルクリックしインストール

FirefoxとGoogle ChromeユーザーはFDMのアドオンや拡張機能をインストールするようすすめられます。そのままインストールしても安全上問題はありません。

インストールの際の注意点を4つ

・「FDM Community options」という項目がありますが、チェックは特にしなくてもいいです。これはDLしようとしているファイルがマルウェアかどうかをFDMのセキュリティデータベースに問い合わせて調べる機能です。

・言語の選択画面ではJapaneseを選択してください。

・「Enable Bittorrent protocol support now」はFDMをビットトレントのクライアントとして機能させる、という意味です。FDMにはそのような機能もあるということです。今回のPLGでのDLとは関係ありませんので、チェックを入れる必要はありません。

・確か最新版ではバンドルソフトを薦めるような項目はなかったと思いますが、もしあればチェックはしないほうがいいです。FDM本体は問題ありませんが、インストーラの途中ですすめられるバンドルソフトが、過去バージョンでスパイウェア判定されたことがあったのが理由です。この点は慎重にお願いします。

インストールを終えたら、起動してまず設定をすませておきましょう。

設定方法
FDMを起動し、メインウインドウを立ち上げたら、上部の歯車のアイコンから設定をおこないます。
FDM1.jpg

見ておくべき項目は
一般・基本
FDM2.jpg

◆スタートアップに登録する FDMをwindowsの起動時に一緒に立ち上げるか、という意味です。私はチェックはしていません。
◆更新 私は手動で確認したいのでオフにしています。

ダウンロード・ネットワーク
FDM3.jpg

◆Connection speed 接続速度の設定です。設定をいろいろ変えてみましたが、私の接続環境ではそれほどDLスピードは変わらなかったので、現在は「automatically(自動)」にしています。

◆下の「モード」というのはFDMで、帯域をどの程度使用するか、という意味です。ライト<ミディアム<ヘビーの順に大きくなります。速度重視の方はヘビーを選択してください。またそれぞれのモードで最大接続数を細かく設定できますが、私はあまり違いを感じなかったので、現在これも「automatically(自動)」にしています。

ダウンロード・監視
FDM4.jpg

◆ここはどのブラウザと連携するかで、設定が違ってきます。連携できない方はこの監視の設定をいじってみてください。Firefoxで「FlashGot Mass Downloader」というアドオンをインストールしているユーザーは、チェックを入れなくてもFDMを使用できます。

Operaユーザーは、FDMの項目が以前の12.xまでのOpera用なのが注意するところです。

◆「FDM関連のコンテキストメニューをブラウザに追加」は右クリックメニューからFDMを使えるようにする機能で、ここは各ユーザーのお好みでどうぞ。私の場合、FDMはたまにしか使わないのでチェックはしていません。

使用時の操作画面
Firefoxの場合です。

このシリーズの第5回でご説明しました「FlashGot Mass Downloader」というアドオンをインストールしておけば、FirefoxとFDMとの連携が簡単に行えます。
そのときの記事はこちら

そしてFlashGotの設定からFDMを登録しておいてください。

1.DL用リンクが抽出されると、通常は「ファイルを保存する」を選びますが、FlashGotの右側のプルダウンをクリックし一覧から「Free Download Manager」を選択し、OKをクリックしてください。
FDM5.jpg

2.保存先のフォルダを決めて、OKをクリックします。保存先は一度決めておけば次回からも同じ場所に保存されます。
FDM6.jpg

3.進捗状況を表すウインドウです。
・レジュームできるタイプのPLGでは
FDM8.jpg
・レジュームできないタイプのPLGでは
FDM7.jpg

FDMの良い点・悪い点
★良い点
・以前シェアウェアだったこともあり、分割DL、アクセラレータ(加速)機能、レジューム対応、スケジュール機能、などダウンローダーに必要な機能が一通り全部入りです。
安全面では現在、大きな問題は特に指摘されていません。
・今回ご紹介した3つのダウンローダーの中で対応しているPLGの数が最多です。

★悪い点
・先にご紹介しました「EagleGet」と「DCさくら」は対応しているPLGであれば基本的に確実にDL可能です。しかしFDMは回線の混み具合によってはブラウザのようにDLに失敗することがあります。

ただしブラウザよりも確実性は高いです。そのため「EagleGet」と「DCさくら」が対応していないPLGからのDL、というサブ的な使い方がおすすめです。

・DLスピードは3つの中で最低です。設定をいろいろ変更してもそれほど上がらない印象です。

FDMがPLGでのDLにおいては、DL成功率が他の2つより低いのは意外でした。ブラウザからのDLでは気付かなかった点ですが、ダウンローダーによってDLの仕方にそれぞれ個性があり、またPLG側のDLの仕組みもさまざま、ということです。

このあたりを考慮しながら、PLGでのDLにダウンローダーをうまく使い分け、活用したいですね。
カラーミーショップ


グーペ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。