2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12
TOP > スポンサー広告 > PLGで役立つセキュリティ情報~第6回~TOP > PLGで役立つセキュリティ情報 > PLGで役立つセキュリティ情報~第6回~

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PLGで役立つセキュリティ情報~第6回~

kage

2015/09/07 (Mon)

PLGで役立つセキュリティツールをご紹介していくシリーズの第6回は、現在同系で最高の防御力を持つ、広告ブロックツールの王者「Adblock Plus」です。

今の潮流としては、動作が軽く使い方が簡単な広告ブロックツールがメインになってきており、日常的なウェブ使用ではそれらで十分です。

しかしPLGのような危険を伴う可能性があるウェブサービスにおいては、防御力をどんどん高めていけてかつ柔軟にカスタマイズできるようなタイプのほうがより適していると思います。

そしてAdblock Plusのキモは「フィルタ」と呼ばれるブロック用設定データの集まりを自分で追加(これを「購読する」といいます)していくことで、機能をパワーアップしていける点です。

フィルタはたくさんの種類があり、主にどのようなものをブロックしたいか、その個々の特徴を見極めながら追加していきます。その代表的なものとして次のようなものがあります。

豆腐フィルタ
日本の広告に強く、Adblock Plusを使う日本人ユーザー向けの定番
http://tofukko.r.ribbon.to/abp.html

ABPフィルタ (ABP Japanese Filters)
定番中の定番。一つだけ入れるならこれでいいかも
https://code.google.com/p/adblock-plus-japanese-filter/

BlogRAMフィルタ
4分割されて公開しているフィルタ。用途別なので自分に合ったものを
http://blogram.net/2010/04/23/adblock/

adblocking-openfilter-jp
非表示要素フィルタに強い比較的新しいフィルタ
https://code.google.com/p/adblocking-openfilter-jp/wiki/release?tm=2

あとこのシリーズの前回ご紹介しました「AakList (Anti-Adblock Killer)」もフィルタの一つです。

ちょっと注意することとして、これらのフィルタはフィルタ集と呼んだたほうが正確でわかりやすいんじゃないかと個人的には思います。

これらはすべて、書式に従って記述された個々のフィルタの集まりを指しています。ABPフィルタは英語ではfiltersとちゃんと複数形になってますね。最初の頃わかり難くて混乱したことがありましたので一言言及を。

あと豆腐とABPはどちらか片方で十分じゃないかと思います。この2つは共に横綱級なので、両方入れるとかなり重く、不具合(一般的に「誤爆」と呼ばれます)も頻発する可能性が高いです。私は両方入れていた時期もありましたが、現在は豆腐のほうで落ち着いています。

フィルタを購読すれば、日々それぞれのフィルタが自動でアップデートして最新の状態になりますので、ユーザー側は不具合が起きたときの調整のみ行えばいいです。

フィルタを入れるメリットは
防御力を増し、防御範囲を広くできる
セキュリティが向上していく
ページの読み込みが速くなる

デメリットは
入れれば入れるほどブラウザが重くなる
不具合が起こらないことはまず無い。そのため普段行くサイトごとに、また大きなアップデートの度に動作チェックと調整が必要
あるていど使い方を覚えなければならない

注意することとして、Chrome、OperaのAdblock PlusとFirefoxのAdblock Plusとは別物といっていいくらい使う感じが違うことです。

ChromeとOpera版は不具合が起きればサイトごとに無効にしていくだけです。すなわち良く言えば使い方が簡単ですが、悪く言えば細かい操作はかなり難しいです。

Firefox版は、不具合を引き起こしている個々のフィルタのレベルで有効・無効の操作が比較的簡単に行え、またユーザーが決めたあいだ全てのサイトを一時的に許可でき、これが結構便利です。

私はメインブラウザがFirefoxですが、その理由の一つがこれです。つまりブロックできる内容は同じですが、操作性や設定についてFirefoxのほうがきめ細かく行なえる、といったところです。

あとフィルタはいっぺんにたくさんの種類を入れると、どのフィルタに問題が生じているかなど把握しづらくなります。そのためフィルタを複数追加しようと考えておられる方は、一つ入れたら数日間できれば数週間は様子を見て、徐々に増やしていくといいのではないでしょうか。

私自身は現在11種類、Firefox、Chrome、Operaすべてに入れています。たぶん他のAdblock Plusユーザーと比べてかなり多めだと思います。でも実のところ別段重くはありません。さすがに20、30と入れ続けたらどうなるかはわかりませんが。

また他の広告ブロックツールでも言及しましたが、この手のツールはPLGなどセキュリティ的なリスクの可能性があるようなサイトでこそ威力を発揮します。

日常的な普通のwebでは全然問題ないような広告も根こそぎ消してしまい、まっとうなビジネスをやっているサイトや個人で細々行なっているブログなどのアフィリエイト広告などに対しても見境無しです。

そのため問題ないサイトや自分にとって役立っているサイトなどは例外設定に入れてあげてはどうでしょう。よろしければこのブログもブロックを無効化していただけたらありがたいです。

その他ショッピングサイトや銀行サイト、クレジットカードサイトなど不具合が起きたらいろいろ面倒なことになるサイトも、一通り無効化されるのがいいでしょう。

Adblock Plusに関しては他のブロックツールより使い方が難しいですが、ネットに情報がたくさんありますので、使い方を少しずつ覚えていかれるのをおすすめします。
カラーミーショップ


グーペ


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。